どさんこワイド179

星澤流ニシン漬け

2020年11月25日(水)

星澤流ニシン漬け

▼材料(大袋1個分)

  • 材料
身欠きニシン200g、キャベツ約1kg、大根約1.5kg、ニンジン100g、ショウガ2片、赤唐辛子1本
ご飯・麹各100g、水カップ1/2杯、塩80g

▼つくりかた

(1)身欠きにニシンは米のとぎ汁に一晩浸し、洗ってから一口大のそぎ切りにします。
(2)鍋に分量のごはんと水を入れて、ご飯が軟らかくなるまで煮ておかゆをつくります。おかゆを冷ましてから、麹と合わせます。
(3)大根はこすり洗いして、一口大の乱切り、キャベツはザク切りにしてボウルに入れ、分量の塩をまぶしてしばらくおき、出てきた水気をしぼります。
(4)ニンジン、ショウガは千切り、赤唐辛子は種を取って輪切りにし、材料を全部混ぜながら、ポリ袋に入れて空気を抜きます。冷蔵庫で1週間〜10日ほど漬け込み、漬かったら1週間以内に食べきりましょう。

▼できあがり

  • できあがり
ニシン漬けは古くからの北海道の郷土料理で、秋が来ると大きな樽で漬けて物置に置かれていました。それを食べるたびに取りに行くのですが、大根の水分が凝って玉の様についていて、それを器に取る時の手の冷たさは今でも覚えています。ひと冬ずーっと食べ、それがおかずの様なものでした。
100g分 47kcal/塩分2.5g