KANのロックボンソワ

第755回『藤井フミヤ登場!【フジイロック】特集』

2019年6月22日(土)

第755回『藤井フミヤ登場!【フジイロック】特集』

はい、今日6月22日は『ボウリングの日』です。そんなこととはなんら関係なく、
先週予告しましたとおり、今週は藤井フミヤくんをお迎えしてのロングインタビューを
お送りします。1時間よろしくおつきあいください。

M1. WE ARE ミーハー / 藤井フミヤ < フジイロック < 2019.07.10

言葉の乗せが気持ちイイ、ポップなロックンロール。
ライブでは最も盛り上がる曲のひとつになるでしょう。

M2. PINK / 藤井フミヤ < フジイロック < 2019.07.10

『すみれ September Love』などでおなじみの一風堂の土屋昌巳さんが作曲。
実は24年前に2曲かいてもらって、当時はボツったほうの曲だそうです。
バリバリの80ィーズ、完全に土屋昌巳さんの世界です。

【世界の国歌】
フミヤくんがこれまでに2度訪れたというキューバの話を聞きながら。
La Bayamesa(キューバ共和国国歌) / Musique de la Garde Républicaine
<キューバ共和国>面積:約11万860m2(九州の約3つ分)
/人口:1,124万人(九州全人口よりちょっと少ない)
/首都:ハバナ
/公用語:スペイン語
/通貨:キューバ・ペソ
/宗教:原則として自由
<国歌>1867年、バヤモ市に於いてPedro Figueredoさんが、フランス国歌
『La Marseilles』を参考にしながら作詞作曲し、翌1868年に始まる
第1次キューバ独立戦争のバヤモの戦いに於いて独立派により歌われ、1902年、
独立したキューバの国歌に制定されました。1965年、フィデル・カストロ氏が
最高指導者になっても、国旗と国歌は変わることなく、現在に至っています。
フィデル・カストロさんは2016年11月25日に90歳で亡くなりました。

M3. そのドアはもう開かない / 藤井フミヤ < フジイロック < 2019.07.10

はい、で、私が作らせていただきました。っつっても、今回2曲新しい曲を出して、
プラスアルファで15年前に作っていたこの曲を提出したところ、
これが採用されました。アルバムにどのくらい貢献できるでしょうか。

M4. Happy Time Happy Song / KAN < la RiSCOPERTA < 2018.10.10

では最後は、なんとなく弦カルアルバムから。ラジオネーム“ただくん”、
リクエストありがとういございます。

・・・が、収録されている弦楽四重奏とのセルフカバーアルバム第2弾【la RiSCOPERTA】、
そしてBAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】のLIVE DVDも好評発売中です。

そして、なんつたって気がつきゃ2年ぶりの【BAND LIVE TOUR 2019】。
札幌公演は、10月25日(金)Zepp Sapporoで〜す。

来週にはもうひとつ、北海道なお知らせがありますので、
いろんなことは私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】を
チャック上げ下げしてみてください。

みなさまからのメール・お便り・リクエスト、お待ちしています。
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」