熱烈!ホットサンド!

熱烈!スタッフNOTE

「花嫁の手紙」、いい映画です!

2020年5月27日(水)
「花嫁の手紙」より。
「熱烈!ホットサンド!」で
製作した短編映画、
富澤たけし初監督作品
「花嫁の手紙」を次回から
2週に渡って
番組の中で放送します。

いわゆる「地上波初放送」です!
映画自体はおよそ26分の映画なので、
ノーカットだと1回の放送では入りきらず、
一部をカットして放送することも考えましたが、
やはりノーカットですべてのシーンを見ていただいてほしいので、
最終的には2週に分けて放送することにしました。
5月30日は前編を、そして1週間空いてしまいますが、
6月6日に後編をお送りいたします。
2週に渡りますがカットしたシーンはひとつもありませんのでご心配なく。

映画は、富澤たけし初監督作品ということで、
主演の福田沙紀さんをはじめ、風間トオルさん、川上麻衣子さんと
豪華な顔ぶれが登場する作品となりました。
  • 「花嫁の手紙」より。
川上麻衣子さんに至っては、出演が決まったのが
クランクインのおよそ3週間ほど前という慌ただしさもありましたが、
一流の役者さんを、富澤たけし監督がどのように演出したかも
注目してほしいポイントです。

また、サンドウィッチマンのショートコントも散りばめられていますので、そこも注目です。
「花嫁の手紙」というネタをストーリー化するのがいちばんの目的だったので
このショートコントを入れ込む、というのは当初は想定していなかったのですが
番組の構成作家であり、この短編映画の脚本化にも参加している白川安彦さんの発案で、
サンドウィッチマンのショートコントを番組の中に入れ込もうというアイディアが浮かび、
実際に脚本に入れ込み、撮影することになりました。
  • 「花嫁の手紙」より。
このショートコントのシーンも福田沙紀さんが独自の笑いにしてくれて
サンドウィッチマンとはまた違った味わいになっていますので、
こちらも楽しむポイントのひとつかと思います。
(※このシーンは後編に含まれています。)
「花嫁の手紙」を始め、サンドウィッチマンのネタを知っている人には
たまらない作品になっているのではないでしょうか。

そして、今回は特別に番組のナビゲーターを
映画好きでもあるヒロ福地さんにお願いしました。
昨年まで他局ではありますが、「イチオシ」のメインパーソナリティだった
ヒロ福地さんが、次回から2週に渡って特別ナビゲーターを務めます。
ヒロ福地さんのやさしい語り口で、「花嫁の手紙」をご案内してもらいます。
こちらにもご注目を。
  • ヒロ福地
ということで札幌国際短編映画祭、徳島国際映画祭への出品上映以外では
札幌と仙台でしか上映していない作品ですので、ぜひともお見逃しなく!

まずは結婚式へのきっかけとなる前編からお楽しみください。