ニュース

NEWS

<東京五輪まで半年>マラソン・競歩と同時期に開催のビアガーデンは今年も営業

東京オリンピックまであと半年です。札幌では、マラソンと競歩の準備について話し合う会議が開かれました。そのなか毎年恒例となっている「大通ビアガーデン」についてことしも営業することが決まりました。

オリンピックまで、あと半年。日本代表選手団が開会式で着る服が発表されるなど大会への機運も高まってきました。そのオリンピックの花形競技であるマラソンと競歩は8月6日から9日にかけて札幌・大通公園を会場に開催されます。
そのなか、札幌では24日、大会の準備について話し合う実務者会議が開かれました。
(大会組織委員会 森泰夫大会運営局次長)
「こういう機会を通じて課題点を洗い出して迅速に進めていきたい」
課題となっているのは同じ時期に開催されるビアガーデンへの影響です。24日の会議で決まったのが…。
(中内記者リポート)
「競技にかかる設備や機材は4丁目までに集約されるということで5丁目以降に使うビアガーデンの開催自体には影響はないということです」
マラソンと競歩の運営のため大通公園の2丁目から4丁目にかけて必要な機材やスタッフの控室などが設けられます。ビアガーデンは5丁目より西側が会場になるため開催すること自体に支障はないとしています。
(大会組織委員会 森泰夫大会運営局次長)
「もともと5丁目から6丁目にどうすればかからないかという議論をしていたので、ビールフェスティバルはおおむね支障がないかたちでできる」
ただ、8月6日から9日の競技期間中に通常通り開催できるかは検討中としています。大会組織委員会では6月ごろにオリンピックにむけたプレ大会も検討していて、今後、大会の準備は加速しそうです。
1/24(金)「どさんこワイド179」  1/24(金)18:27更新

道内ニュース