ハイ!STVです

2017年9月10日(日) 放送分

2017年9月10日(日)
萩原AN 画像
おはようございます。
9月に入り、秋の気配が感じられるようになってきました。
毎月第2日曜日にお送りしている「ハイ!STVです」。
今月も視聴者の皆様のSTVに対するご意見、お問い合わせなどをご紹介するほか、先月放送されました「24時間テレビ」についてもお伝えしてまいります。どうぞ最後までおつきあいください。

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳画像
それでは、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えします。
先月、8月の一ヶ月間に視聴者の皆様にいただいたご意見・お問い合わせの総数は1,118件でした。
   
内訳は
お問い合わせが     633件
ご意見、ご要望が    327件
苦情が             0件 
その他が          158件 となっています。 

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド179」            261件
「24時間テレビ40」             144件
「次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL2017」     70件
「どさんこワイド179 ニュース」                   55件
「ニュース・情報番組全般」                             50件    となっています。

いただいたお問い合わせご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。

<70代 女性>
「どさんこワイド179」のニュースのスタジオで
アナウンサーの後ろに赤い点が付いたボードがありますが
あれは点字ですか?何か意味があるのでしょうか?とても気になっています。

ニューススタジオのセットについてお問い合わせをいただきました。 
視聴者の皆様からはこの赤い点に関するお問い合わせが、ほかにも多く寄せられています。

アナウンサーの後ろに飾られているボードの赤い点は
デザイン的なものであり、点字としての意味はありません。
セットの一部であるとご理解ください。

お問合せ先

STVでは、テレビをご覧の皆さまからの番組内容に関するお問い合わせはもちろん、ご意見・ご要望をお待ちしております。

STV視聴者センターまでご連絡ください。
電話011-272-8285
祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時半から午後7時まで承っております。

お手紙は郵便番号 060-8705       
STV視聴者センターでお待ちしています。

24時間テレビ40「愛は地球を救う」について

24時間テレビ40 画像
さて、先月26日(土)・27日(日)に放送した「24時間テレビ40 愛は地球を救う」では、多くの皆様にご協力をいただき、8月28日(日)午後8時現在、全国で1億2902万958円の募金をお預かりしています。

櫻井翔さん・亀梨和也さん・小山慶一郎さんがメインパーソナリティーを務めた今年の24時間テレビには、放送前からたくさんの反響をいただきました。

その中でも特に多かったのは、「チャリTシャツ」、「ローカル差し替えの放送時間」、
「STVホールやふれあい広場などでのイベント」 に関するお問い合わせでした。

また、24時間テレビの中でSTVが放送できなかった企画の一部は
8月27日(日)深夜2時半から「もっと!24時間テレビ」の中で放送いたしました。

募金会場にお越しくださった皆様、
チャリティーにご協力いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

また、24時間テレビの放送中にも、たくさんのご意見やご要望をいただきました。

STVでは視聴者の皆様からの
ひとつひとつの貴重なご意見を大切にして
これからの番組づくりに生かしてまいります。

番組モニター報告

続きまして、番組モニター報告です。

8月5日(土)「大泉洋の驚きジャパン 知らなかった!! 世界が変わる大研究!スペシャル」

「大泉洋の驚きジャパン」 画像
まずは、8月5日(土)に全国ネットで放送された「大泉洋の驚きジャパン 知らなかった!! 世界が変わる大研究!スペシャル」 のモニター報告です。

<40代 女性>
大泉洋さんは抜群におもしろかったです。
どの研究者さんたちに対しても敬意を持って温かく接しており、真面目で難しい研究の話をわかりやすく引き出していくのが上手だと思いました。

<60代 男性>
大泉さんと大家アナの多彩な表現力とテンポのよさで
大規模で難しいと思われる研究でもすんなりと受け入れることができました。

<10代 女性>

可視光通信で水中の女性が大泉さんと会話をする場面では
スーパーの表示がなかったので何と言っているのか判り辛かったです。
風船宇宙旅行でも、最後のバルーンを飛ばしたシーンは
バルーンに設置されているカメラの映像だったため、
揺れが激しく、見ていて酔ってしまいました。

<40代 男性>
「高強度ゲル」の研究が印象に残りました。
たくさんの方がひざの痛みに苦しんでいるので、
10年後と言わず、もっと早い段階で医療に実用化できるように
研究を進めていっていただきたいです。

8月26日(土)放送 「見たい!知りたい!北海道 〜 夏フェス「ライジングサンって?」 〜」

「見たい!知りたい!北海道」 画像
続いて、8月26日(土)放送の
「見たい!知りたい!北海道 〜 夏フェス「ライジングサン」 って? 〜」 の モニター報告です。

<50代 男性>
ライジングサンの何がすごいのかをわかりやすく教えてくれる番組で、
興味のない人でも、ちょっと行ってみたいなという気持ちにさせてくれたと思います。

<10代 女性>
ライブ以外の紹介が多かったので、
どんなアーティストが出演しているのかもっと知りたかったです。
また、晴れている時のライジングサンがどのような雰囲気なのかも知りたかったです。

<20代 男性>
ライジングサンに親子3代で行っていたシーンは心に残りました。
ロックフェスティバルなので若い年代の人が多いと思っていましたが、
年配の方も多く参加していることが映像から伝わってきました。

<50代 女性>
いつも明るい印象の小出アナは
声そのものがハツラツとしていて、このような番組にはピッタリです。
特に何組かのグループに密着取材をしていたので
親しく語りかける雰囲気がよかったです。

8月27日(日)放送 「24時間テレビ40『愛は地球を救う』どさんこスペシャル!」

 「24時間テレビ40 愛は地球を救う」 画像
おしまいに
8月27日(日)の「24時間テレビ40 愛は地球を救う」北海道からの放送部分「どさんこスペシャル!」 の モニター報告です。

<40代 女性>
毎年障がいのある方の特集をしている時間が多すぎるように思います。
二人の奮闘する様子には感動しましたが、北海道では台風被害からの復興などを取り上げてもよかったのではないでしょうか。

<20代 男性>
ふれあい広場に去年の台風で甚大な被害を受けた南富良野町のブースがあり、
その日に収穫したばかりの野菜を販売して一部をチャリティーとして寄付するなど
復興が感じられる場面があって良かったです。

<10代 女性>
インタビューのシーンで「病気になった時どう思ったか」と聞いていましたが、
自分は「そんなことを聞くなんて可哀想」という気持ちが強く、好い印象を持てませんでした。
病気の方でも特技を生かして活躍できる場を提供するのはとても良いことですが、
病気を抱える方々にとって、このような番組を放送するのは「利用されている」と感じることも多いと思います。

<60代 男性>
平昌パラリンピック出場を目指す新田のんのさんの企画は、
稲葉篤紀さんの紹介でたいへんわかりやすく、温かく伝わりました。
競技の技術的な面や装備・用具などの点についても理解しやすく、
新田さんのあくまでも前向きな日常の生き方にとても感動しました。


以上、番組モニター報告をお伝えしました。

「ハイ!STVです」
次回の放送は10月8日(日)の予定です。
それでは、また来月お目にかかりましょう。

番組情報

放送時間

毎月 第2日曜日

朝5時35分〜5時45分

出演者

お問い合わせ、ご意見、ご要望

STV視聴者センター:011-272-8285 祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時30分から 午後7時まで承っております。

お便り: 〒060-8705

STV視聴者センター

放送内容