企業情報

STVラジオからのメッセージ



 STVラジオは、1959年4月に開局した札幌テレビ放送(株)の3年半後、ラジオ部門として1962年12月に産声をあげました。
 ラ・テ兼営局の中で、テレビ放送の後にラジオを始めたのは稀有で全国で「STVラジオ」だけです。
 そして2005年10月、(株)STVラジオとして新しく生まれ変わりました。

 開局以来、半世紀を越える長い期間、ラジオの媒体特性を生かした自社制作番組を開発し、
 放送を続けるとともに、地域に密着したコンサート・イベント等の事業を展開してまいりました。
 また、東日本大震災以降改めて災害・緊急時の「ラジオの役割」が見直される中、
 難聴取地区の縮減に向けた放送設備の拡充を着実に進め、2016年10月道央圏で「ワイドFM」放送を開始しました。
 AM放送の都市型難聴を改善しながら、災害発生時の代替放送手段としても機能するように準備した設備です。

 一方、ラジオの聴取方法も様変わりし、インターネットでラジオ番組を聞くことができる「radiko(ラジコ)」の登場により、
 通学や通勤時、お昼休み、就寝前の夜と好きな番組をライフスタイルに合わせて聞くことができるようになりました。
 また、過去1週間以内に放送された 番組を聞ける「タイムフリー」も開発され、幅広く聴取できる環境が整備されています。

 STVラジオは今後も北海道の発展に貢献し、道民の生活を豊かにし、
 地域でもっとも愛される放送局として、情報発信する努力を続けていきたいと思います。


 株式会社STVラジオ   代表取締役社長  石部 善輝