ハイ!STVです

2020年9月13日(日)

2019年9月8日(日)
永井アナウンサー 画像
おはようございます。

9月に入り 日差しはまだ強いものの、
STV放送会館前のハマナスの実も少しずつ色づいてきました。
徐々に秋の気配が感じられるようになってきています。


「ハイ!STVです」
今月も視聴者の皆様のSTVに対するご意見、
お問い合わせなどをご紹介するほか、

先月放送された「24時間テレビ」についても
お伝えしてまいります。

どうぞ最後までおつき合いください。


皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳画像
それでは、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えします。

先月、8月の1ヶ月間に視聴者の皆様にいただいた、ご意見・お問い合わせの総数は  798件でした。
   
内訳は
お問い合わせが     275
ご意見、ご要望が    384
苦情が             件 
その他が          139件 となっています。 

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド179」       157
「24時間テレビ43」        132
「ニュース全般」            94件 となっています。

いただいたお問い合わせご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。



コレ☆ホシー 画像
<60代 女性>「コレ☆ホシー」で紹介した「たためるバケツ」はどこで買えるのか教えてください。

「どさんこワイド179」
「コレ☆ホシー」についてお問合わせをいただきました。

「コレ☆ホシー」は思わず欲しくなる商品を紹介するコーナーです。

コレ☆ホシー2 画像
 紹介した商品については、
放送終了後に、STVのホームページに
掲載していますのでご確認ください。

また、
視聴者センターでもご案内しています。

お問合せ先

視聴者センター電話番号
STVでは、テレビをご覧の皆さまからの番組内容に関するお問い合わせはもちろん、ご意見・ご要望をお待ちしております。

STV視聴者センターまで
ご連絡ください。
電話 011-272-8285
祝日を除く、月曜から金曜日の午前10時から午後6時まで承っております。

お手紙は、郵便番号 060-8705 
「STV視聴者センター」までお寄せ下さい。


24時間テレビ43「愛は地球を救う」について

「24時間テレビ42」募金 画像
さて、先月22日(土)と23日(日)に放送した「24時間テレビ43」では多くの皆様のご協力をいただき
番組終了時点で
全国で 5億5200万5762円
の募金をお預かりいたしました。

今年の24時間テレビは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、STVホール および 本社でのイベントは行わず、
募金も直接お預かりしないという形で実施。

従来の銀行振込に加えて対人接触のないキャッシュレス募金を新設しました。

チャリティーにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、今年も24時間テレビに関してたくさんのご意見やご要望をいただきました。
STVでは視聴者の皆様からのひとつひとつの貴重なご意見を大切にして
これからの番組づくりに役立てて参ります。

番組モニター報告

続いて、番組モニター報告です。

8月2日(日)「GO!GO!コンサドーレ」 「GO!GO!コンサドーレ J1リーグ 北海道コンサドーレ札幌×ヴィッセル神戸」

「北海道コンサドーレ札幌×ヴィッセル神戸」画像
続いて、8月2日(日)に放送した
「GO!GO!コンサドーレ」 と
「GO!GO!コンサドーレ J1リーグ
北海道コンサドーレ札幌×ヴィッセル神戸」 の番組モニター報告です。


<20代 女性>
事前番組では現在の順位や今までの試合のダイジェスト、選手の注目ポイントなどに加えて、クラブスタッフの会場準備の様子など、試合の裏側も知ることができて面白かったです。両チームの情報がある程度頭に入っている状況で試合が始まったので良かったです。

<60代 男性>
解説の大森健作さんと岡崎アナウンサーのテンポの良いやり取りで、試合展開や試合の緊迫感がよく伝わりました。直接会場に行けなくてもサポーターのような気持ちで応援することができたのは、二人のおかげだと思いました。

<50代 女性>
私のように選手に詳しくないサッカーファンを引き付けるには、それぞれの選手のキャラクターやバックグラウンドをもっと詳しく紹介して、興味をもたせる必要があるのではないでしょうか。また、画面左上のチーム名や得点と時間の表示がやや小さく見づらかったです。

<30代 男性>
プレーを後押しするファンの拍手の音がしっかりと聞こえました。以前までは当たり前だった鳴り物での応援を控えることで、選手同士の掛け声や、監督、コーチからの指示も聞こえ、臨場感があました。

<40代 女性>
大森健作さんが現役の時代によく試合を見に行っていたので、解説者となった大森さんのスムーズな解説は新鮮でした。特に得点が入った時のプレイバック映像に合わせた解説がわかりやすかったです。

8月23日(日)「24時間テレビ43 〜 動き出そう北海道!どさんこスペシャル 〜 」

「24時間テレビ43 」画像
続いて8月23日(日)に放送した
「24時間テレビ43 〜 動き出そう北海道!どさんこスペシャル 〜」 のモニター報告です。


番組では、新型コロナウイルスの影響を受けながらも前向きに 「動きだす」
どさんこの皆さんを紹介しました。

<20代 女性>
新型コロナウイルスが北海道の花業界、観光バス業界、高校生など様々なところに影響を及ぼし、多くの苦労があったことが改めてわかりました。しかし、そんな中で前向きにこの状況に向き合っている人々の姿に、元気をもらうことができました。

<10代 男性>
VTRを見ているだけで、大平まゆみさんと取材スタッフとの信頼関係を感じ取れたのが良かったです。大平さんが作った曲を次女が歌う場面では、シンプルで短い歌詞に込められた思いが伝わり、かなり感動しました。

<50代 女性>
今回は感染予防のためにSTVホールも無観客、STVへの募金の持ち込みもなしでした。番組を行う意味があったのか?という疑問は全体を通して見た後も拭えませんでした。また、放送した企画は「24時間テレビ」の枠でなくても出来た内容だったのではないでしょうか。

<60代 男性>
経験・知識が豊富な福永アナウンサー、大家アナウンサーが番組を進行していて安心感、安定感がありました。コロナ禍での新しい様式での取り組みは、それなりに工夫されたもので、視聴者の理解も得られたと思います。

<50代 女性>
今年の24時間テレビはどのように組み立てられるのだろうと、やや心配していましたが、例年と同じくらい見ごたえがありました。
それぞれの特集でのインタビューの会話、ナレーションの補助的な説明など、字幕が上手く取り入れられていて、わかりやすかったです。


以上、番組モニター報告をお伝えしました。

「ハイ!STVです」次回の放送は10月11日(日)の予定です。
それでは、また来月お目にかかりましょう。

  • 社屋画像

番組情報

放送時間

毎月 第2日曜日

朝5時35分〜5時45分

出演者

  • 永井 公彦 アナウンサー

お問い合わせ、ご意見、ご要望

STV視聴者センター:011-272-8285 祝日と年末年始を除く、月曜から金曜日の午前10時から午後6時まで承っております。

お便り: 〒060-8705

STV視聴者センター

放送内容