加藤さんと山口くん

小樽出身の2人が、北海道愛・小樽愛などを熱く語る30分!


お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次 と ロックバンド「サカナクション」の山口一郎が、故郷・北海道のSTVラジオに登場。

バラエティにドラマ、情報番組まで幅広く活躍するお笑い界の風雲児 加藤浩次と、独自の世界観とライブパフォーマンスで音楽業界を席巻する山口一郎。
異なるジャンルでそれぞれ活躍の2人ですが実は北海道小樽市出身、生粋の道産子。「よく聴いて育った」という、STVラジオで北海道愛に溢れたトーク番組を放送。

今は東京で暮らす2人ですが収録はスタジオを飛び出して、都内某所のお気に入りの場所からお送りします。番組では道産子ならではのローカルネタが満載。芸能界や音楽業界の今、プライベートな話題までリラックスした雰囲気の中、日々の思いを本音トークでラジオにぶつけます。

第28回 2021/4/11

2021年4月11日(日)
  • 加藤一郎・山口一郎
来週(18日)はいよいよ、北海道が誇る道民のソウルフード「ジンギスカン」のタレの味比べ対決ですが、今週は軽い前哨戦。山口が、夏にやりたいアウトドア企画を加藤に提案します。自然の川を利用した釣り堀に加藤を連れ出そうと考えているようです。

山口:そこで釣りをして、テントサウナしてって言う1日。これを経験してもらいたい。

加藤:ん〜〜、じゃあ、やろうかぁ。テントサウナ、サウナに入るのがなぁ…。

テントサウナとは、キャンプで使うようなテントの中を熱くして汗を流す、野外で楽しむサウナのこと。加藤は明らかに乗り気ではありません。

加藤:何十年も入ってないかな、サウナなんて。

山口:いや、最高ッスよ。外で。

加藤:だったら露天風呂の方がいいもん。

山口:い…ぃ、露天風呂の良さとは違うんですよ。真夏の暑い日に、テントサウナ入って、汗流して、川にドボーンって入って。川もそんなに冷たくないですから。

加藤:いや、川は冷たいよ、流れてるから。

山口:夏の川は、そんなでもないんですよ。

加藤:川はいちばん危ないからね!

必死で、山口の企画に抵抗する加藤に、山口も苦笑の連続。さらに加藤は、以前に海外のビーチで溺れかけて、命からがらになった体験を持ちだして、山口のアウトドア水辺企画に必死の抗戦。よほど、水とサウナが苦手のようです。

山口:サウナの極意を体験しないで言ってるじゃないですか。なので、サウナってこういうモノなんだよってことを、一から十までサウナの楽しみ方を、玄人である我々がレクチャーして、体験してもらって、言われた通りにやってみてもらって、それでも「やっぱオレ、嫌だわ」って言ったら、「加藤さん、すいませんでした。もう二度と、金輪際、加藤さんの前でサウナのサの字も出さないと。

加藤:ホントかぁ?

山口:はい、平謝りするんで。

山口もなかなか頑固、と言うか、加藤を新境地に引き込もうと必死です。

山口:(テントサウナは)10分だけです。10分入って、川に1分。(中略)川に1分入ってから、ラグジュアリーチェアでごろんとして、ボーッとする。何にもしない、しゃべらない。

加藤:ラジオにならないじゃない。

山口:いいですよ、川や森のせせらぎの音が流れてるんで。サ〜〜とかって。

加藤:おお〜っ。

山口:加藤さん、どうですかぁ?「山口くん、宇宙だよ。ここは宇宙だよ」って、たぶん言いますから。

加藤:ホントかねぇ…

山口:なりますよ、絶対。

こんどの夏、果たして"川辺のテントサウナで加藤を宇宙へGO!"企画は、実現するでしょうか?!

番組情報

放送時間

毎週日曜

昼 12:00〜12:30

パーソナリティ

  • 加藤浩次 (極楽とんぼ)
  • 山口一郎 (サカナクション)

番組へのメッセージ・リクエスト

メール:

ファックス:011-202-7290

STVラジオをradiko.jpで聴く
data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">