KANのロックボンソワ

第779回『雪歌特集』

2019年12月7日(土)

第779回『雪歌特集』

はい、BAND LIVE TOUE 2019【クイズ・新曲は誰だ!?】は、
大阪最終公演を残すのみ。なんですが、その他のいろんなお仕事で
ものすごくビズィーな日々を果敢に戦っています。
そんなこととはじぇんじぇん関係なく今週は、時期も時期ですから
“雪歌特集”でもやってみようと思います。
1時間よろしくおつきあいください。

M1. Twinkle Snow Powdery Snow / Perfume < GAME < 2008

はい、まずはパヒュ。「雪」といえばこの曲です。

M2. SNOWBOUND / Donald Fagen < KAMAKIRIAD < 1993

強い影響を受けているDonald Fagenさんですが、このアルバムだけは
そんなに聴き込んでませんでした。でも、カッコイイです。
こうゆうのをサラッと作りたいですね。

M3. 雪に願いを / 槇原敬之 < SELF PORTRAIT < 1993

はい、槇原くんの雪歌。久しぶりに聴いたけど、やっぱイイよなぁ、うん。
このアルバムの頃、札幌で一緒にお酒飲んだ気がします。
いや、飲んでたのはたぶんオレだけかも。

M4. snow flower / GONTITI < DUO < 1997

ゴンザレス三上さんとチチ松村さんによるギターデュオ。
97年のアルバムから。当時、クボタハウスのCM曲だったそうです。

M5. Snow Men / 星野源 < YELLOW DANCE < 2015

アルバムのブックレットの御本人による曲解説には
「そういえばこれもスケベな歌でした。
イメージ通りにやることができました。
今度はもっと直接的なものをやりたいですね。」
と書いてありました。

M6. 雪風 / スピッツ < 醒めない < 2016

高校の5つ後半、草野マサムネくん率いるスピッツの比較的最近の名曲。
私の同名曲も、このあと聴いていただきます。

M7. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! / Harry Connick, Jr. < When My Heart Finds Christmas < 1993

作詞:サミー・カーン、作曲:ジュール・スタイン。1946年に“歌うバンマス”
として大人気だったヴォーン・モンローのレコードで大ヒット。
後に多くのシンガーにカバーされているスタンダードナンバー。
今回お聴きいただくのは、90年代に登場し、ビッグバンドをバックにピアノと
歌で人気を博した美青年 ハリー・コニック・ジュニアのクリスマスアルバムから。

M8. 雪風 / 木村和 < 何の変哲もないLove Songs < 2005

帰国後、本名名義の限定版で発表した弾き語りCDに収録した新曲。札幌の歌です。

【弾き語りばったり #31 小さい土器みつけた】の日程が発表になっています。
北海道では、2020年4月12日(日)札幌・共済ホール、
6月21日(日)旭川市民文化会館 小ホールの2公演が発表になっています。
この他に釧路・稚内の公演もありますが、それらは来年3月以降の発表になります。

さぁ、そんな私の【BAND LIVE TOUR 2019 クイズ・新曲は誰だ!?】は
まだまだ楽しく開催中。
http://www.kimurakan.com/kanban/kanban085.php

柄にもなく Twitterなんかもやっちゃっているよ。 
https://twitter.com/_kimuraKAN

弦楽四重奏とのセルフカバーアルバム第2弾【la RiSCOPERTA】、
そしてBAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】の
LIVE DVDも好評発売中です。

皆さんからのメール・お便り・リクエスト、お待ちしています。

番組情報

放送時間

毎週 土曜日

24:00~25:00

パーソナリティ

Contact

メール:

お便り: 〒060-8705
札幌市中央区北1条西8丁目

STVラジオ KANのロックボンソワ

選曲リスト

新着記事

バックナンバー

STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオをラジオクラウドで聴く