どさんこワイド179

プロが太鼓判!新米を美味しく食べる心得

2021年10月22日(金)

プロが太鼓判!新米を美味しく食べる心得

新米が出回り、今が一番お米の美味しい季節! 北海道のお米界でトップクラスの知識を誇る「千野米穀店」3代目・德永善也さんに、絶品の“ご飯のお供”や美味しく炊く裏ワザなど、新米をとことん味わい尽くすコツを伺いました。

プロが惚れ込む厳選“ご飯のお供”

千野米穀店 円山精米所
【住所】札幌市中央区南1条西27丁目 マルヤマクラス1階
【電話番号】011-688-8158
【営業時間】10:00〜20:00
  • 千野米穀店 円山精米所
德永さんのお店では“ゆめぴりか”など約30種類のお米の他に、50種類以上の“ご飯のお供”も販売しています。中でもオススメをご紹介しました。
  • ●株式会社うめひかり「梅と紫蘇(無添加)」1120円
    ●株式会社うめひかり「梅と紫蘇(無添加)」1120円
    着色料等の添加物は使わずに、梅・紫蘇・塩だけで作っています。完熟梅の香りと果肉の柔らかさが特徴です。
  • 株式会社 大地「北海道山わさび粗挽きしょうゆ味」648円
    ●株式会社 大地「北海道山わさび 粗挽きしょうゆ味」648円
    道産の山わさびだけを使用。粗びきにすることでシャキシャキとした食感を残しつつ、甘じょっぱい特製の漬けダレと相まって、ご飯がすすみます。
  • ●おおぞら三昧「しじ美醤油」810円
    ●おおぞら三昧「しじ美醤油」810円
    大空町の網走湖でとれる天然シジミの濃縮エキスを使用した、少し甘めでシジミダシの風味が効いている醤油です。たまごかけご飯にオススメです。

お米のプロ直伝!美味しく炊く裏ワザ

  • お米のプロ直伝! 美味しく炊く裏ワザ
    德永さんが、今年の“ゆめぴりか”を美味しく炊く裏ワザを教えてくれました。
(1)計量カップを使って山盛り1杯を擦り切って、お米1合・150gを正しく量ります。
(2)お米は水ではなく“ぬるま湯”でとぎます。3回ゆすぎ、40回まわし、3回ゆすぐだけなので時短にもなります。(この工程を3分以内に終わらせると、お米がより美味しくなるそうです。)
①ぬるま湯を勢いよく注ぎ、汚れを浮かせるようにひと掻きします。このゆすぎを3回繰り返します。
②お湯を切ったら、指を立てて力は入れずに優しく40回ほど手をまわします。
③再度ぬるま湯を注ぎ、3回ゆすぎます。最後のゆすぎはしっかり水を切ります。
(3)お米と冷たい水を1:1の割合で入れて炊きます。
今年の新米の出来は、夏の暑さの影響で“粘り気が強くて柔らかい”ため、炊飯器の目盛りよりも少なめの方が、本来の食感で炊きあがります。
(4)炊きあがったら、すぐに全体をほぐします。しゃもじで十字に切ったら、底から返しながら細かく切るようにほぐします。
  • お米のプロ直伝! 美味しく炊く裏ワザ
    德永さんが教えてくれた裏ワザで炊いた“ゆめぴりか”
YouTube どさんこワイド179公式
STVどさんこアプリ