どさんこワイド179

ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック

2021年6月8日(火)

ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック

  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
旬を迎えた北海道の花々とその物語を、TVで見て楽しんでいただく企画「ハナタビ北海道」。今回は滝川市にある、日本最大級の菜の花畑の様子をお伝えしました。

「STVどさんこ動画+」で本編を視聴できます

日本最大級の菜の花畑(滝川市江部乙地区)

  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
石狩川と空知川に挟まれた滝川市江部乙地区は、春から初夏にかけて広大な菜の花畑が大地を鮮やかに彩ります。140〜150ヘクタール程の作付面積は日本最大級です。
菜の花はもちろん綺麗ですがナタネという食用油をとるために作付けされています。
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    ナタネは、一度作付けした場所は約5年の間隔をあけるので、今年の景色は今年限りです。
地元・滝川産にこだわった、とっておきの「なたね油」
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    ●滝川産なたね油 1本 270g 700円(税込)
    ※お問合せは「JAたきかわ 菜の花館オンラインショップ」で検索
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    菜の花(キザキノナタネ)の種子
滝川では約20年前に生産組合が設立され、良質な“なたね油”づくりが本格化しました。
夏になるとナタネの収穫が行われます。黒くて小さな菜の花の種子は、約半年寝かせた後、なたね油を搾りだす作業が行われます。
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    滝川の広大な菜の花畑が、地域の宝を育んでいます。

川下公園(札幌市白石区)

  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
川下公園には、日本最大規模を誇るライラック園があります。ライラックは1960年に「札幌市の木」に選定され親しまれていますが、こちらには1700株、200品種以上のライラックが植えられています。
幸運を呼ぶ!?ラッキーライラック
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    通常のライラック(花弁が4枚)
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    ラッキーライラック(花弁が5枚)
  • ハナタビ北海道〜滝川の菜の花畑&札幌のライラック
    ラッキーライラックを見つける可能性が高い品種「デュワイトD.アイゼンハワー」(アメリカ産)
園内には、見つけると幸運を呼ぶと言われる「ラッキーライラック」があります。
通常のライラックは花弁が4枚ですが、ラッキーライラックは花弁が5枚あります。稀に6枚、7枚のものも見つかるそうです。
  • 花びらが10枚もあるライラック
    取材時は、なんと花びらが10枚もあるライラックを撮影することができました!
日本最古のライラック
  • 日本最古のライラック
1879年(明治12年)函館公園が開園する時に、イギリスから取り寄せたライラックが日本最古と言われています。その後、ライラックの株が弱ってきたので健全な状態を維持してクローンを作りました。
川下公園にあるこちらのライラックは、日本最古のライラックの遺伝子を持った株です。
YouTube どさんこワイド179公式
STVどさんこアプリ